真夏の外房、べた凪のカモシ釣り 御宿岩和田太平丸

外房のカモシシーズンは5-12月なんだけど、太平丸では春からはイサキにでているので、8月がカモシのシーズンインです。夏のマダイは小型交じりで数がでることが特徴。海も静かで、カモシ釣り入門には最適の時期です。この時期にカモシに慣れておけば、秋から始まるウルトラヒートアップフィッシング、ヒラマサ釣りにもすんなり対応可能です。

 左は4kgのメダイ。カモシ釣りでは準本命といったところ。三本松の23ヒロできました。潮に濁りが入ってくると、浅場でも良型のメダイが釣れます。

 この日のタックルはStrega231PENN12LT、カモシラインは石鯛用の赤ナイロン。Stregaは細身ながらバットパワーがある竿で、カモシ袋を振りまくるこの釣りでは余裕があって使いやすい竿です。

さて、この日は船では06-2.0kgのマダイが4枚とやや不調日。それでも、イサキや大サバ、メダイなど交じりは豊富で、飽きないほどにアタリがありました。

 私にきたマダイは0.6kgの小型だけど、なんと今年はこれが初マダイ^^;。どうも今年はマダイに嫌われている年だったんだけど、これで片目が開いて一安心。カモシの本番はこれから、今年の不調を吹き飛ばすような釣りをしようと、今から気合が入ってます^^;。

inserted by FC2 system