初心者でも楽しめルンです、ほのぼのファミリーイシモチ釣り

  ほのぼのと気楽に楽しめる釣りっていいですよね。わたし、基本的にはなっかなか釣れない魚をあれこれ悩みながら釣るのが好きなんですが^^;、まあ、難しいこといわずに、魚釣り自体を純然と楽しめる釣りがあるってことは貴重です。

 さて、ファミリーでのほのぼの釣行を目的に、八景の黒川丸さんに初乗船しました。噂通りに初心者に優しい宿と魚^^;でした。いっしょにいったのは、娘、娘のともだち、娘のともだちのパパ、わたしの4人組。

写真上: ゆりか、ベテラン(?)の貫禄をみせて最初の一尾をげっと〜!まずまずの型。この日の釣果はイシモチ7尾に、カサゴ、シロギス交じりでした。

  なんせイシモチ釣りは難しいことはあまりない(もちろん、それなりに釣るコツはあるけど、そこらは私が裏方でサポートしてます^^)。30号オモリの胴付き2本針仕掛けに、アオイソメをちょん掛けして、底でアタリを待てば、だいたい釣れます。

 この日は潮が動かずに、はっきりいって不調の日。それでも、律儀はイシモチはぽつりぽつりと釣れてくれます。カサゴ、キス、アジ、サバなんかも混じったりして、賑やかな釣果となりました。

写真中:さーちゃんもげっと〜!これも良型。この日は大健闘で、イソメは積極的に触る^^;し、しっかり竿を握り続けて釣果はゆりかと同じくらい。 いい笑顔です(^^)。

 イシモチ釣りのいいところは、まず道具が手軽。そして釣り方が易しい。釣果はある程度期待しても良い。引きがけっこう強くて釣ったという実感が得られる。味も良くて料理法も多彩、と、実に平均点が高い釣りということです。

 また、イシモチは釣り上げたらすぐに、喉のところにハサミを入れて血抜きをします。もう最近ではこれは常識。こうすることによって、鮮度が保たれ、透き通った身で料理ができます。刺身にすれば、いまの時期は脂も乗っていて、かなりハイレベルな味。食べきれない分は干物を作ればこれまた美味しい。他にも、空揚げや甘酢あんかけ、塩焼など、いろんな料理で楽しめます。

 凪にも恵まれ、港のすぐ近くの釣場(赤灯沖40mダチ)で、天気も晴れ、釣果にも恵まれてファミリーフィッシング大成功、の一日でした。

また行こう(^^)。

写真下:さーちゃんパパ、この日最大をげっと〜!これは良い型、40cm近くありました。
写真右下:最後には一荷釣りも達成して、有終の美を飾って沖あがり〜!数えなかったけど、2人あわせて20尾近く釣ったんじゃないかな?

inserted by FC2 system