サバに邪魔されながらもマダイゲット/勝浦沖のカモシ釣り    2006/08/26   勝浦川津/とみ丸

 外房で私が好きな釣りひとつはビシマ、もうひとつがこのカモシ釣りです。昨年からつり丸の情報掲載宿に川津のとみ丸が加わって、一度取材をsいたかったのが本日実現。

 前に乗せてもらったときは超美味なマハタが釣れたんだけど、さて今日はどうなるか?

 船は昨年進水した新造船。綺麗な船で、前の船よりも広くて釣りやすそうです。

上写真: 出船準備中のとみ丸。船は漁協の前に着きます。船に集合して受付、釣り座は予約順。

 とみ丸の乗合スタイルは、予約を入れた釣り人に合わせる、つまり最初に予約した釣り人がカモシをやりたいといえばカモシ釣りで出船になり、他の釣り人を募集するという感じ。

 なので、毎日毎日カモシにでているわけではなくて、スルメイカのこともあるし、フラッシャー五目ということもある。今シーズンのカモシの出船回数はまだそれほど多くはないけど、ヒラマサもマダイも5キロ級があがっているのが実績。これからの秋ヒラシーズンにはもっと大物が顔をだすでしょう。

左写真: カモシセット^^。サンマミンチに、付け餌はぶつ切り。

 大鯛狙いで気合入れての出船だったけど、この日はあいにくの高水温。一投めからさばさばさばさばーっ!^^;

 でっかいゴマサバなんで食べては美味しいのだけど、おみやげに1,2本もあれば十分。サバはいやよ。

 そしてたまにフグも登場。こいつがカモシ袋をかじってくれる困り者。新素材ラインの場合は、メーターマークもやられちゃうので注意。

左写真: やっと顔みられました。キロ半のマダイです。

 船長はサバから逃げる、でもサバもしつこい。すぐに追いつく(追いかけっこしているわけではないけど^^;)。逃げて逃げて逃げまくっているうちに、やっとサバが大人しくなってきた、チャンス。

 まずは私の竿にコツン、500gの小さなマダイでしたが、これが口火になりました。続いて反対舷でダブルヒット、キロ半と2キロ。

左写真: 餌はこのように丸めて針を隠すように付けます。

 潮まわりのたびにマダイのアタリはきて、私の2度目のアタリはちょっと良い引き。タモに収まったのはキロ半の美しい♂でした。これでひと安心。

 この日は取材だったので、若船長の吉清紘生(きっせい ひろみ)船長にリバーサルで写真を撮ってもらい一段落。

 この若船長、釣りに出ないときにはアワビ漁をやっています。なかなかのイケメンで人当たりも良い好青年。若船長や大船長が親切に面倒みてくれるので、はじめての人にもオススメの船です。

 詳しい模様は、つり丸の10/1号で紹介します。

下写真: カモシ釣り最強ロッド、Strega231。アルファタックルからは、カモシ釣り用と銘打ったロッドも発売されていますが、私の好みでは、このStrega231のフィーリングがいちばんお気に入りです。

 

inserted by FC2 system