さあ、ヤリイカシーズンイン! 

2006/10/21    長井/はら丸

 どうも今年はムギイカ〜スルメイカがいまいち。まあ、その分はヤリイカさんに埋め合わせてもらいたいとこです。

 編集部からのお題目は相模湾ヤリイカ、このところイカに行けてなかったんで、この指令は願ったり叶ったり。前日は神津島だったので、まっすぐに家に戻り、ちょっと寝てから長井にGo。こういうハードなスケジュールには、はら丸の8時船が助かります。

左写真: 飴色の透き通るヤリイカ。防水カメラ、Caplio 500Gでの一枚。

 けっこう釣れていて、予報も当たって凪もいいのに、8時船はお客さん少ない。私入れて7人ほど。べた凪の海を向かったのは、本命ポイントの城ヶ島西沖。

 ここでイカが釣れると楽なんですよね、港から近いし、北風ならちょっとくらい強く吹いてもぜんぜん大丈夫。水深も浅いし、潮方もそんなに悪くないことが多い。そして、三浦東地区の船だけが狙えるので、釣り場も空いている。

左写真: この日は空いていました。大型船なので船上は余裕のよっちゃんイカ。

 しょっぱなの流しで私に乗り、かなり棚が上だった。ヤリさん、浮いているのかもしんない。船中1号は30cmほどのヤリイカ。

 その後も流し替えのたびに船では誰かしらの竿が曲がる状況、カメラを持ってあっちこっちへ。

 スルメも多い。でかスルメはなんってっても沖干しが旨いので、釣ったそばから裂いてロープへ。この日は天気も良くって北風が吹いていたんで、乾きが抜群でした。

左写真: 今シーズンはスルメがいまいちだったけど、今日はけっこう混じってくれました。ヤリの刺身に、スルメの沖干し。左党には堪んない肴です。

 そんなこんなで、私はちょうどツ抜けで、ちょうどヤリとスルメが半々。船中釣果は、2-16杯でした。6時船は4-30で、この日は6時船の方が釣果が良かったんだけど、前日は8時船の方が釣れたし、翌日は頭は28と30で互角。

 6時船と8時船、どちらが乗るかはわからないし、釣り人の腕もある。釣果にはコダワラずに、都合のよい時間で選ぶのが正解でしょう。

 詳しくはつり丸の11/15号で紹介します。

左写真: 船中一号のヤリイカ。

右写真: 船宿に置いてある番号札。6時船、8時船の2便体制がはら丸の特徴です。

inserted by FC2 system